nohup と disown

 ログアウトしたときもプロセスを継続するためには nohup か disown をしてあげれば良いみたいです。nohup は、コマンドを実行するときに nohup コマンド ってやればおk。disown は、一旦 Ctrl + z でプロセスを停止して、 disown %[ジョブ番号] とすれば、自分のもとからプロセスが離れるのでログアウトしても安心。Screen っていう、再ログイン後も続きからはじめられるらしい便利なものがあるけど、未だに試せていない(´・ω・`)

 先ほど、卒研で90000行のデータが入ったMySQLのふたつのテーブルをJoinして処理しようとしたら、1時間たってもなんもおきなかった。同じDNAについて分析した二つの値が別々のテーブルに入っていて、それを名前で結合して、二つの値を足したものでソートして新しいテーブルにつめるって作業だったのだけど… 90000件同士のデータをどうやって扱ってるのか知りたいーーーー。あきらめて、別々に処理させている… 片方を数値でソートして順位を取ってテーブルにつめ、片方もソートして対応する行に順位をつめるという作業。

 これまた時間がかかる。1つ目はただのソートなので3分くらいで終了。もう片方は、あるテーブルをソートして、それに対応する行に数値をつめるのだが、だいたい1日くらいかかりそうだ。MySQLがんばるのだ><><

 秋葉のドンキでコーヒーとか石鹸とか買いだしに(‘A`)結構寒い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください