StartupItems で Synergyc を自動起動

 OSX で Windows で立ち上げた Synergys につないでるのを自動起動にした手順。

 OSX では、/Library/StartupItems/ の下にディレクトリを作って、 plist とスクリプトを置く事で実現出来るようだ。今、synergyc というディレクトリを作る。以下の例では、 synergys のサーバ が 192.168.1.34 です。

# cd /Library/StartupItems/
# mkdir synergyc
# vi synergyc
# vi StartupParameters.plist
synergyc
#!/bin/sh
 
. /etc/rc.common
 
StartService ()
{
  ConsoleMessage "Starting Synergyc"
  /opt/local/bin/synergyc --no-daemon 192.168.1.34 &
}
 
StopService()
{
  ConsoleMessage "Stopping Synergyc"
  killall -9 synergyc
}
 
RestartService ()
{
  StopService
  StartService
}
 
RunService "$1"
StartupParameters.plist

細かいことが分かっていないので、不要なパラメータがあるかもしれない。

#!/bin/sh
{
  Description   = "synergyc";
  Provides      = ("synergyc");
  Requires      = ();
  Preference    = "";
  Messages =
  {
    start = "Starting synergyc";
    stop  = "Stopping synergyc";
  };
}

これでマシンの起動と共に synergyc が立ち上がります。

StartupItems で Synergyc を自動起動