SVKの使い方

 バージョン管理ツールSVKの使い方。

初回使用時

$ svk depotmap --init 

とする。これで、$HOMEに.svkというディレクトリが生成され、各種SVKコマンドが使えるようになる。

ローカルにミラーを作成

$ svk mirror //mirror/sample_project http://testsite/svn/sample_project

http://testsite/svn/sample_project がレポジトリのパスになります。これで、レポジトリのコピーが //mirror/sample_project に出来ます。まだファイルのコピーは行われません。 //mirror/sample_project に直接コミット・アップデートすることはなく、実際はこれのコピーを作成して管理するそうです。

ミラーのコピー(実際に作業を行う場所)を作成

$ svk copy //mirror/sample_project //sample_project

以上で、//sample_project というコピーが出来ました。これに対して実際の変更等を行っていきます。

ローカルにファイルをチェックアウト

$ svk co //sample_project

実際にファイルをチェックアウトしたい場所に移動して、上記のコマンドを実行します。これで、ローカルへのファイルがコピー(普通のチェックアウト)が完了します。

各種コマンドなど

アップデート
$ svk up
コミット
$ svk ci
中央のレポジトリと同期
$ svk sync //mirror/sample_project
コピーをミラーへコミット
$ svk push //sample_project
コピーをミラーでアップデート
$ svk pull //sample_project
各種プロパティを設定
$ svk propset [SVNのプロパティ値]

pull と push の使い方が実は良く分かってない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。