Debianでmongrel

 Debianで # gem install mongrel --include-dependencies とやると、 fastthread のインスコも促されるのだけど、No such file to load -- mkmf (LoadError) とか言われる。Debian の apt では、ruby を入れただけではこれらは入らないので、 # apt-get install ruby1.8-dev とやる。これで mkmf 等色々はいる。そして、 fastthread もちゃんとはいって mongrel も入る\(^o^)/

 間違って、サーバマシンにX入れちゃった。

Debianでmongrel

SVNでつなげない時

svn: error: cannot set LC_ALL locale
svn: error: environment variable LANG is ja_JP.eucJP
svn: error: please check that your locale name is correct

というエラーでSVNにつながらなかった。普通にSSHでログインすると大丈夫だけど、screenを使っているとダメな模様。

$ export LC_ALL=C

とすれば普通に通るようになるので、.bashrc に export LC_ALL=C と1行書き加えれば次からは問題なくなる。

SVNでつなげない時

Core2Duo T7200買った

 通販では品薄なようだったけど、秋葉では潤沢でした。どこも37000円弱で売ってるようです。VGAは迷った挙句、7600GSにすることにしました。LEADTEKのDual-DVIでファンレスのやつを買った。この前は普通に売ってたのだけど、Classicの新しいのが出てたみたいで、古いのはだいぶすくなくなってました。ツクモとかT-ZONEとか色々見たけど、1つしか見つからなかった。でも、買えてよかたー。

 電源はまだ買ってないので、家にある余ってた電源を。ケースも余ってたケースを。SUSE入れたけど、すでにひとつあるからいいやということになってWindowsXPを。しかし、なぜかうまくいかない。まず、BUFFALOのDVD-Rドライブではインストール画面すら立ち上がらず。PLEXTORのドライブをひっぱりだしてきたら、インストール途中まで進むけどファイル読み取らず…インスコ完了しても、IE入ってなかったりネットつながらなかったり(‘A` ) これはひどい。ということで、XPのCDのバックアップを取って、確実にバックアップできたものを使ってインストール。無事、できたようです。怖いから、1年に1度くらいCDのバックアップとったほうがいいんだろうか(´・ω・`)

 最近のHDDは静かになったようだ…しかし、家にあるのは2,3年前に主流だった160GBが4つ。もったいないので、そのうちのひとつを使うことにした。昔はHDDはいくつも積めばいいじゃんと思ってたけど、でっかいのひとつにしたほうが電気食わなくていいですね(´・ω・`)

 OCしてみた。今はマザーに付属のCPUファンだけど、電圧1.25V→1.325Vにして、2000MHz→2700MHzまでは問題なさそう。この上はまだ試してない。これでCPU温度36度くらいなので、ちゃんとしたクーラー積んだらもっと行くかもわからんね。

 近々、サーバをC3からGeodeに変更する予定。

Core2Duo T7200買った