レポを4つ

 今日はレポートを4つも提出した。今日作ったのは2つだけどナ。作った2つは、基礎現代科学という授業のレポートで、「表面科学」について調べるというもの。このレポートはあまりにショボいのでアップはしないけど^^;

 そもそも、表面科学ってのは何なのか?って思うけど、名前の通り表面を解析する学問。物体の表面というのは、我々が想像するのと違う振る舞いをするんです。分子は規則正しく配列してるわけさ、でも物体の端っこっていうのはその配列がどうしても崩れてしまう。簡単に、端っこの1原子は片側しか他の原子とつながってないと考えれば、違いはなんとなくわかるしょ?そのせいで、物体の表面では新たに配列を作り直しているから、電気や磁気的にも違うわけだ。

 とはいっても、目に見えるくらいの物体ならば、表面にある原子って全体に比べれば無視できるのさ。最近はナノテクとかが発達してきて、その割合が無視できなくなってきたのだ。それで、表面科学はますます発達してるということだ。

 CPUなどの小型チップを扱うときは、内部と表面を同時考える必要があるらしい。CPUの製造プロセスとは、どれくらい細かな作業で作っているか、すなわちどれくらい密に作りこめるかをあらわすような数字であるが、ぼくが高2のころは、確か最高で0.18μmだった気がするが、現在では0.09μmが最高だ。CPUのクロック(1秒間の処理回数=速さの目安)は、内部の単位素子の大きさの2乗におよそ反比例するらしい。実際、0.18μmの時は最高で1GHzくらいだったはずだから、今0.09μmで3.6GHzが最高というのは、だいたい妥当な数字ではないかと思う。また、今はノートPCの省エネ&小型化が進んでいるけど、製造プロセスが精密になるほど、同じ消費電力で高クロックなCPUが作れるようになるメリットもあるらしい♪そのうち、小型かも進んで、携帯並みの大きさのPCが出来ればいいね。

 メーカーが公表してるわけではない(はず)けど、同じ種類のCPUってクロックが違っても、中身はいっしょってよく聞く。作った後に、耐性をみてクロックをつけるとか。つまり、出来の良いものは高クロック製品として高く売られ、出来の悪いものは低クロック製品として安く売られる。しかも、市場にどのクロックをどの時期にどれくらい流通させるかということも考えられているとか。こんな感じに出回ってる商品って、実はたくさんあるのかもね。

 残りのレポは、エッセンシャル英語版の要約、脳科学、認知学、のレポ。うはー疲れた。しかし、明日はテストだがんばらにゃ!

レポを4つ

携帯サイト

 例の学生ベンチャー企画の携帯サイト立ち上げについてのお話を聞いてきた!まだ、大まかな話だけれど、方向はかなり分かったと思う。携帯Webについての書籍とかも買ったんで、テスト終わったら読んでみよう。大手の携帯サイトを見ても、ほとんど画像などは使われていないし、テキスト自体もそこまでデザインされているものでもない。つまり、携帯サイトはユーザビリティを最優先にするべきということだ。また、携帯サイトは携帯電話で見るというのを前提に作る以上、出来るだけファイルサイズを抑えて作らなければならない。と、携帯サイト作成に関しては勉強していきながら、weblogにも書いていくつもりだよ。

 と、久々の日記でした。

携帯サイト

mac mini

 mac mini(amazon) という話題の商品。すごく欲しくなってきた!58,950円で10%還元だから、約54,000円?

mac mini
mac mini

 ネットで見かけて、カッコいいなー。って思っていたんだけど、マックだしいいやー。と思っていたのね。で、これを読んでなんとも魅力的に思えてきたわけだ。

1.25GHzまたは1.42GHz駆動のG4プロセッサ、40GBまたは80GB容量のハードディスク、スロットローディング方式のコンボドライブ(CD-RW/DVD-ROM両用の光学式ドライブ)、256MBのDDR SDRAMメモリ、ATI Radeon 9200グラフィックプロセッサ(32MB DDR SDRAMによる専用ビデオメモリ装備、AGP 4xバス接続)・・・

 あれ?マックってPC/AT互換機に仲間入り!?みたいな。

 1984年すなわちぼくが生まれた年、コンピュータ業界を独占(?)していたIBMが作ったパソコンが発祥になってます。これと互換性を持たせたPC(これをPC/AT互換機と呼ぶ)が実質世界標準となり、LinuxやWindowsを含め、多くのOSはこのPC/AT互換機と呼ばれるハードウェア上で動いてます。しかし、マックはPC/AT互換機上で動いているわけではなくて、独自のハード上で動いているわけだ。何がネックになるって、例えばLinuxとWindowsユーザーは同じハードウェア上で動くから、乗換えが容易なわけだ。OSのCDがあったら、それだけで乗り換えることが出来る。しかし、マックに乗り換えるなら、PC本体を変えなきゃいけない。しかも、今まで使ってたパーツを流用することが出来ない。このせいで、ぼくはマックを使うということにものすごい敷居を感じていたわけですよ。実際、マックのメモリとかって高かったしさ。

 しかし、このmac mini(amazon) は、メモリに始まりHDDとビデオカードまでPC/AT互換機のパーツが使えます。つまり、実質PC/AT互換機でエミュではなくマックを動かせる!みたいな感じなわけですよ。今までも、Windows上でエミュレートすることによってマックは動かせていたけど、そんなんじゃやっぱ嫌だしなー。マックは筐体自体かっこいいし。

 で、実際はマックは意外と重いらしく、デフォルトのPC2700の256MBメモリだけじゃ結構キツイらしいから、512MBくらいのメモリ(6,000~20,000円くらいまでピンキリ)を足すのがいいみたいね。どっちにしても、6万円台で揃うよー。ヤバい。ここで買ったらPCが4台になってしまう。けどなぁ、ぁーヤバいなぁ。誰か買ったらちょっと使わせて欲しいな。笑

 CPUが1.42GHzのmac mini(amazon) は70,140円で、実質63000円ってとこかな?こっちはメモリを足したら70,000ちょいって感じ。

 ぼくはメモリとかPCパーツを買うときは、PC-Success っていう通販を使ってます。先週も、3万くらい買っちゃったよ(´・ω・`) 今は送料無料だから、安いものを単品とかでも買いやすくていいね。パーツは安いけど、本体はそこまで安いとは思わないなー。本体は高いから、ポイントとかを総合的に見て決めるのがいいと思います^^

 しかし、amazonはmac関連が熱いなぁ。iPod Shuffle(blogの過去記事) が届いたら、mac mini 買っちゃうとか、そんなオチ。。

mac mini

抹茶の点て方

 前にバイトしていた店で抹茶をよく点ててて、ぼくが見つけたうまく点てるコツみたいのを書いてみる。

 作法とか、全く知らない・・・ もしかしたら、作法に反してること書いちゃうかも。そしたらゴメンね(´・ω・`)

 抹茶を点てる最適な湯温は約95度と言われている。しかし、抹茶はそんなにたくさんのお湯で点てるものでもないので、一度お湯を注いて抹茶碗を温めてからやるのが良い。でも、それをすると抹茶の粉を茶碗に入れたときに、下につきやすくなるっていう欠点はあるけれど。抹茶の粉は中心に入れるのがいいかもしれないけど、中心に入れるとお湯を注いだときに跳ねて側面に着くことある。綺麗な抹茶を点てるには、端に粉をいれて、逆側からお湯を注ぎこむのが良いかも。

 んで、茶筅の使い方。持ち方は多分決まっているのだけど、好きなように持ったらいいんじゃないかなぁ。と思います。まずは、底を軽く擦るくらいの感じで粉を溶かします。茶筅の動かし方は、基本的に茶筅を垂直に立てたまま水平に動かせばOKです♪徐々に茶筅を上げていき、泡立てます。そのまま動かしていれば、基本的には泡立つけど、さらに泡立てるテクとしては、茶碗を傾けて(こうすることで深い部分が出来る)深い部分に空気を送り込むようにシャカシャカと混ぜるとか。

 それだけで、多分かなり泡はたっているのだけど、液面を茶筅の先で切ると、泡がみるみる細かくなっていき、ものすごくクリーミーになります♪実際、どういうものがいい抹茶なのかはわからないけれど、ぼくはものすごく泡がクリーミーな抹茶を目指しています。カウンターでカクテルなどを作りながら抹茶も点てるから、それほどゆっくり点ててはいられないんだけど、割と時間がある時とかは無心で抹茶を点てたり、生ビールに迫るくらいの泡をたててみたりしてます^^

 ぁ、そういえば一流の人は15ストロークくらいでものすごい抹茶を点てるそうです。少ない回数で点てられれば、渋みがないまろやかな抹茶になるんだそうですよ!そんなの飲んでみたいなぁ~

 お茶を習ってる人に、綺麗な抹茶ですね!とか、美味しいですね!言われたら、もうきみしねですよ。お茶を習っていなくても、純粋に、美味しい!って言ってくれたら何杯でも点てたくなっちゃいますけどね。

 抹茶を点てるのはなんか腰が重いけど、しまん風呂~彼女の浸かる日々 のしまんぼさんがハマってる抹茶ラテとか、気軽で美味しそう☆抹茶ラテ用の粉とかもあるのですね~。これなら気軽で良さげ。そもそも、抹茶は単品で飲むようなものじゃなくて、やっぱ和菓子といっしょに飲んでこそ美味しいみたいなのがあるから、単品でもいけちゃう抹茶ラテとか考えた人は偉大だ。

 抹茶リキュールが欲しいよー!茶々(Sasa)ってのはよく見かけるけど、前に買おうとしたら未成年でとめられた(´・ω・`) でも、今は買えるよね。前のバイト先は茶茶(chacha)っていうんだけど、さすが茶茶だけあって、茶々もありました♪しかし、メニューには載ってないから1年間働いたけど1杯も出ませんでしたよ・・・ あれは誰がなんのためにおいてあるのだろう。ただでさえ狭い店だから、ワインの1本でも置いた方がいいものなのにな。
続きを読む “抹茶の点て方”

抹茶の点て方

英Ⅰ試験

 英語Ⅰの試験がありました。先輩からもらった教科書と、友達からもらったリスニングスクリプトと、友達からもらったリスニングMP3と、友達からもらったエクストラセッションのプリントで試験に臨む!なんだけど、エクストラセッションだけスクリプトと和訳がない。

 今年の夏学期つまりは先学期頃に、ネットで公開されていた語学の訳が全て東大によって消された。東大の言い分としては、語学の勉強に悪影響をもたらすから。とのこと。なので、昔はネットを検索すれば訳とか簡単に見つかったのになー。

 まぁ、消し忘れているとことかキャッシュとかで残っている可能性ていうのもないわけじゃない!!と思って、エクストラセッションの和訳とかを検索してみた。「英Ⅰ エクストラセッション」(`・ω・´)

 なんと、7件目に去年の自分の日記がひっかかった(´・ω・`) 去年から全く成長していないということを切に感じてしまいました。

 でも、人間だったらGoogle使わなきゃ生きていけないよね。
続きを読む “英Ⅰ試験”

英Ⅰ試験

美味しいものトラバ

 昨夜、しまん風呂~彼女の浸かる日々 の、しまんぼさんとトラバを使おう!っていう話が出たんで、食べたものを書いたらトラバし合うみたいな企画をやることにしました~

 特に意味はないのだが、なんだか面白そうじゃない?加わりたい人がいたらご自由に加わるのだ♪

 てかね、ぼくのブログにトラバしてくれた人はまだ1人もいないのよ(´・ω・`)

 
 さて、しまんぼさんのブログを見てみたが。朝からこんな美味しそうなもの食べてるのかorz

 ぼくは、今日はロクなもんを食べてなくて、朝ごはん@14時にパスタをちょっと食べて、夕方に生協で豚トロ定食を食べたのだが、生協のはまじすごい油でもたれるよ・・・

その後に買ったものがこれ。

眠眠打破&ドーナツ&Pockyムースポッキー抹茶。

もう、ドリンクに頼るしかないと思ってよく見たんだけど、眠眠打破はレギュラーコーヒー2杯しかカフェインが入ってない!てことは、いつもコーヒーがぶ飲みしてる方が全然カフェイン取ってるということになるのか。しかも、眠眠打破はコーヒーっぽい味がする。値段は250円くらいだし、これはもう買うのはやめよう(´・ω・`)

 まだ1回目なのに、こんなに差が出てしまうとは。きっとテストが終わったら美味しいもの食べるさ!さて、英1頑張ります。。。
続きを読む “美味しいものトラバ”

美味しいものトラバ

もえるるぶ

 もえるるぶ

 さっき Amazon から広告が届きました。るるぶってこんな雑誌だったっけ??と思ったら、全然違ったよorz

以下、アマゾンからの引用。

出版社 / 著者からの内容紹介
萌え+るるぶ=もえるるぶ!

旅行ガイドのジェイティービーがガイドブック作りのノウハウを無駄に活用して、今までのるるぶではありえなかった店たちを紹介。でも、情報誌作りに精通しているからこそ、実用情報を厳選し、いつも通りまじめにつくってます。

秋葉原、新宿、池袋、総武線・山手線沿線と4つのエリアで、同人誌、フィギュア&トレカ、コスチューム、メイド喫茶など“わかりやすいカテゴリ別”に萌え店をガイド。これさえあれば、東京萌えスポットを完全網羅!

さらに、コミケ後の過ごし方もるるぶがお手伝い。人込みで疲れた体を癒すリラクゼーションスポット、1人メシ処、宿、カラオケ&漫画喫茶、ついでの東京名所のデータベースも多数取り揃える充実ぶり。

キャラクターデザインにみさくらなんこつ氏、風上旬氏を迎え、るるたんが憧れのお兄たんを東京案内するすとーりー付き。果たして、るるたんの淡い恋心の行方は?!

JTBがやっているっていうのがいいですね・・・

もえるるぶ