AWS CLI で Route53 にレコードを追加

AWS CLI(change-resource-record-sets)

JSONで内容を送信するため、コマンドラインのみでは完結しない。

hosted-zone-id の取得

AWS Console からでも確認できる。CLI で取得する場合は下記の通り。

$ aws route53 list-hosted-zones

として、 hosted-zone-id を取得する。 

...
{
  "Id": "/hostedzone/FOOBAR123",
  "Name": "ecpplus.net.",
  "CallerReference": "827C249D-3167-4A9C-9483-6791BED34397",
  "Config": {
    "PrivateZone": false
  },
  "ResourceRecordSetCount": 29
},
...

Id キーから取得できる。 /hostedzone/{この部分が hosted-zone-id}

Aレコードを作成する例

foo.ecpplus.net8.8.8.8 に向けるAレコードを作成する例。

{
    "Comment": "Create foo.ecpplus.net",
    "Changes": [{
        "Action": "UPSERT",
        "ResourceRecordSet": {
            "Name": "foo.ecpplus.net",
            "Type": "A",
            "TTL": 3600,
            "ResourceRecords": [{
                "Value": "8.8.8.8"
            }]
        }
    }]
}

JSON を records.json という名前で保存し、 下記コマンドで作成が出来る。

aws route53 change-resource-record-sets --hosted-zone-id FOOBAR123 --change-batch file://records.json

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です