PentiumMを静音化

 XP-120を付けて、CPU回りはかなりいい感じになった。次の問題はVGA。今まで GeForceFX5700ULTRA を付けてたのを交換。Radeon9600XT をデュアルディスプレイにしようとしたら設定がいまいちよくわからず、FX5200 に換える。FX5200 は性能的にはかなり低いけど、発熱と消費電力も低いみたい。ネットでざっと見てみた限り、9600XT よりも低消費電力のようだ。

 SUSE Linux を乗っけていて、行ってる作業がプログラミング、ネット、オフィス、動画再生くらいなので、実は FX5200 くらいの性能でも十分って気がしてきた。Windows 載せてたときはたまにゲームしてたけど、Linux でゲームすることもないだろう(´∀`)

 結局、ケースファンも止めて、電源ファン1つのみという環境にして温度を見てみることにした。Linux上で sensors を実行してみると、以下のような感じ。ちなみに、CPU Fan のとこで電源ファンの回転数はかってます。

fan1:        0 RPM  (min =  664 RPM, div = 8)
CPU Fan:   730 RPM  (min =  664 RPM, div = 8)
fan3:        0 RPM  (min =  664 RPM, div = 8)
M/B Temp:    +36°C
CPU Temp:  +46.0°C

 動画再生しながらコーディングしてるような状況だと、CPU温度が50℃いくかいかないかって感じだから、これでいけるかも。電源は Seasonic の SS-430HB というやつで、この負荷だとずっと最低速回転で回っててすごく静か。あとは HDD の音をどうにかすれば完璧かも。

PentiumMを静音化