Plagger インストール

 Plagger を家のサーバにインストールしてみた。まだ良く分かってないけど、出来た部分はメモしておくのが良い( ^ω^)

 まず、家の Debian 鯖は perl5.8.4 が入ってた。 cpan> test Plagger しても、なんか全然通らなくてどうしたもんかと思ってたんだけど、perl5.8.8 を入れたら、すんなり通る。そしてインストール。

cpan> test Plagger
cpan> install Plagger

 以上で plagger のインストールは完了。CPU C3 なんだが、インストール完了までに20分以上はかかったな…

 次は、実際に使ってみる。 YAML 形式の設定ファイルにちょこちょこ書きこめば使えるようだ。Rails の設定も YAML ファイルでした。タブでインデントしちゃNG。 – とかインデントとかで構造を決めるらしいけど、YAML については今度ちょっと調べて見るとしてとりあえず使って見る。

bloglines を Gmail で読む

global:
 assets_path: /どこでもいい
 timezone: Asia/Tokyo
plugins:
  - module: Subscription::Bloglines
    config:
      username: example@ecpplus.net
      password: password
      mark_read: 1
      fetch_meta: 1

  - module: Publish::Gmail
    config:
      mailto: example+bloglines@gmail.com
      mailfrom: example@gmail.com
      mailroute:
        via: smtp_tls
        host: smtp.gmail.com:587
        username: example@gmail.com
        password: password

 mark_read: 1 とすると、Plagger で Gmail に送ると Bloglines で既読になるようです。mailto: example+bloglines@gmail.com で +bloglines を付けておけば、宛先条件を使ってフィルタにかけることが出来ます。これでおkな感じ。

Plagger インストール