ドリアンとアルコールを一緒に摂ってはいけないのか?

ドリアンとアルコール

東南アジアではドリアンの季節ですね。日本ではなかなかレアなドリアンだけれども、東南アジアではシーズンになると、文字通りどこでも買えます(市場でもスーパーでも路上でも)。

昔KLにいた時、ドリアン食べたことなくて、ビール飲んだあとに路上で見かけたドリアンを買って食べたことがありました🍺

しかし、後にアルコールと一緒にドリアン食べてはいけないということをマレーシア人から教わりました🤮日本でドリアン食べる機会がなかったので、そんな知識なかったですね…。

端的には、ひどい二日酔いになる可能性があるということのようです。ちなみに、マレーシアの人はみんな口を揃えて「アルコール飲んでドリアン食べたら死ぬよ」って言う。マレーシアはイスラム教の国でお酒を飲まないためそう言っているんだろうなぁ。と思っていたのだけれど、どうやらマレーシアで本当に死んでしまった人がいるようで…。

あとは、コーヒーと一緒に食べても良くないとも言われているらしいんですが、調べた限りは何か悪いことが起きるという情報は見つかりませんでした。例えばドリアンに大量に含まれるジメチルジスルフィド (悪臭物質と言われる) もコーヒー豆の焙煎でも微量が生成されるようですが、特にカフェインとの同時摂取で問題が起きるということはなさそうです。

なお、僕がビールとドリアン一緒に食べた時は特に何も起きませんでした。良かった🥴

ドリアンウィスキー

なんと、The Dudian Wiskey とかいうドリアン (猫山王という高いやつ) を発酵させて作ったウィスキーがあるらしいです。

安全なのか?と思って Web サイトを見てみると、ドリアンとアルコールの組み合わせは危なくないよ!と主張されている。

1969年のシンガポール大学の研究では、少しフラついたりアルコールの代謝が落ちるだけだよ。という結果だったそうだ。

2009年の筑波大学の研究でも、ちょっとアルデヒドの分解が鈍くなるくらいだよ。他にも色々な症状は出るけどね。という結果だったそうだ。

どっちも、アルデヒドの分解には支障が出るねということで、たしかに巷で言われている二日酔いになりやすいというのは研究で示されてることのようです。

このウィスキーを販売する会社的には、二日酔いするだけじゃん!100%安全じゃん!ということのようですね。お前がそう思うんならそうなんだろう…という😕アルデヒド分解遺伝子 ALDH2 が活性な人飲むと、低活性や不活性の人の気分が味わえるかもしれないですね。全然知らない人が飲むと結構危険な飲み物な気がします。

ドリアンスイーツ

KLで食べた Durian & Cendol のスイーツが美味しかったです。白いスープはココナッツミルクです。

Pasar Chow Kit (Chow Kit マーケット) の中にある路上のお店です。店の名前は多分無いです。値段忘れちゃいましたが、確か 10RM = 270円 くらいだったはず。マレーシアに行けるようになったらまた食べたい。

Chow Kit マーケットはフルーツが安く買えるので、立ち寄ったらフルーツを色々試してみると面白いかも。マレーシアのフルーツはどれも美味しいです。マレーシアに滞在してから、パッションフルーツが一番好きなフルーツになりました。あとマンゴーも安くて美味しい。

観光で行くなら、 Chow Kit マーケットのすぐ横にある Hilton Garden Inn が安くて結構良いです。大体1泊3000円前後の廉価版ヒルトン。共有エリアはしょぼいけど部屋は3000円ホテルにしては結構良いです。広めのデスクもあるのでビジネスでもオススメです。Hilton Honors のアップグレードを聞いてみると KLCC が見える側(少し高い)にしてくれたりします。

マレーシアローカルの人からすると、Chow Kit エリアはあんまりイメージが良くないらしい(ググるとなんとなく分かる)んですが、外国人からすると特に問題なしという感じ。KLCCもタクシーで10分くらいです。

ちなみに Hilton Honor で Hilton KL で最上階にアップグレードしてくれたこともあったので、部屋に期待するならそっちのほうが良いかもしれません。こっちも1万円以下です。空港から電車で来ると KL Central 駅にホテルがくっついてるので、荷物置いて散策するなら Hilton KL の方が便利です。

KL は働く場所には困らないしフルーツとインド料理が美味しすぎるので長期滞在するにはとても良い場所なのだけど、観光だとあんまりすることがないので人になかなかオススメしづらいんですよね。でも何度でも行きたくなる、そんな場所です🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です