Nomad Insurance は東京海上日動のカスタム版だった(ので東京海上日動で契約すればOK)

先日、Nomad Insurance という保険があるという記事を書いたが、ベンダーは東京海上日動であることが分かった。

さらに、東京海上のサイトで直接契約したほうが条件を柔軟に選べるのと、問い合わせがダイレクトになるので、東京海上で契約するのがベターという結論になった。

先日書いた記事

Nomad Insuance の問題点

Nomad Insuace で契約すると、契約者カードがデジタルで発行されるが、保険証書が必要になった場合は別途東京海上に問い合わせる必要がある。しかし、そのシステムが上手く動かない。(恐らくデータ反映に時間がかかったりするのかもしれない)

東京海上で直接契約すれば、契約した瞬間に保険証書が送られてくるため、すぐに公的な機関に提出するすることが可能だ。現在では保険証書を提示する機会は割とあるので、個人的にはこの点は割と大きいと思う。

東京海上の海外旅行保険のサイト

東京海上の海外旅行保険のサイト

保障される上限金額と免責金額を設定できる。免責金額を少し上げておけば、保険金額は抑える事ができる。恐らく、日本の保険証を持っている人は免責金額を上限まで上げてしまってもあまり問題ない気もする🤔

注意点として、国内の通常の短期用の海外旅行保険に比べて賠償責任がかなり低い。通常だと1億〜5億くらいが設定されているところが250万円程度になっている。それ以外のカバー金額は大体同じくらいだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です