Tallinn(2015年ヨーロッパ旅行)

6月に3週間ほど、ヨーロッパへ旅行してきた。前回はチェコ、オーストリア、フランス、イギリス、ドイツを回ったので、今回は北東の方に行ってみることにした。陸続きの中では一番北という理由で、エストニアを飛行機の目的地にして、後は行ってから考えようといういつもの感じ。ほぼノープラン。

旅行はいつも、Skyscannerで航空券を検索して、Booking.comでその日の宿を取りながら移動、という感じにしている。本当は1泊目の宿も取らずに行きたいのだが、以前イギリス→ドイツへと飛んだ際、ホテルを決めていなかったことを不審に思われて入国審査の際にひどく大変な目にあったので、1泊目の宿は大事ということで取って行っている。

1日目

Estoniaは、首都Tallinnへ飛行機で行くことにした。以前日本からプラハに飛んだとき同様に、Aeroflotを使った。Skyscannerの最安だとターキッシュエアラインズだったのだけれど、イスタンブール経由はどう見ても遠いし、実際時間も結構かかるようだったのでモスクワ経由にした。モスクワで2時間くらいのトランジットで、13時間半くらいでTallinnへ到着。Tallinn は北緯60度近いので、涼しいのはもちろんだけれど、6月は日が長い。着いたのは20時頃だったけれど、昼間のように明るかった。

今回はEstoniaで友達に会う予定があったのだけれど、空港まで迎えに来てくれた。友達と街まで移動して、宿に荷物を置いてビリヤードをした。日本のビリヤード場より広々してて良い感じだった。

結局、23時頃まで明るかった。1日目に泊まった宿は、割とにぎやかなHostelで、ロビーに飲みかけのお酒がたくさんおいてあるような感じだった。


Saku Originaal 2009” by Helge123 at English Wikipedia – Transferred from en.wikipedia to Commons by Quibik using CommonsHelper.. Licensed under Public Domain via Commons.

SakuビールというEstoniaのビールを飲んだよ。

2日目

西に飛行機で飛ぶと時差ボケはしないけれど、やたらと朝型になる。7時頃に目覚めた。とりあえずTallinnの旧市街をブラブラしてみる。

ハンドクラフト的なマーケットをやってた。可愛い街並みにあってて可愛い。

お城が高台になっていて、そこに向かうには何かしらの坂を上がる必要がある。ここはお店がたくさんあって面白かった。

城壁も可愛い。城壁の中にカフェがあった。いつも、街についたその日はあんまりのんびりしたくなくて、ついたくさん歩いてしまう。

お城が高台になっていて、街が見渡せる。港町なので、向こう側に海が見えている。

お城の端っこのほうにあった小さなカフェでお昼を食べた。チキンが乗ったサラダ。

お城から下りてくると、街にも壁がある。ここはいろんな人が庭を作って展示されてた。

Oleviste Church というところへ行ったら、ひたすら階段を上り、恐らく100mくらい?の高さからTallinnの街並みを見下ろせる。 景色は綺麗なのだけれど、展望スペースはめちゃめちゃ狭くて、無理やり屋根に柵をつけたような感じで怖い。上まで行くと良い運動になる。

農業系の博物館。手前は町へ入る門になってる。

旧市街の内部。

結構肌寒かったけれど、テラス席でビール飲んでいる人が多い。寒い時期はかなり冷え込むだろうから、外で飲める時期は全部OKな感じなのかな。

中の方は結構入り組んでたりして、歩いていると楽しい。

Age of Empires で見たことある投石機が飾ってあった。ただ、これは結構小さかった。

町の壁の上に登った。壁の下には物を売っている人がたくさんいた。

コンサートホールの駐車場。タクトが可愛い。

中世っぽい雰囲気のオルデハンザというレストランに行った。

奥の方の高いところで、古い楽器を演奏してくれている。面白い音がしてた。

全体的にスモークしてあるプレート。ニシン美味しい。

3日目

タリン旧市街は1日かけて歩くと結構回ることが出来たので、今日は美術館や博物館へ行ってみることにした。こっちに来てから毎日晴れてて素敵だ。

友達におすすめされた、旧市街から30分くらいのところにある、KUMU美術館へ。その手前にも美術館があったので、先にそっちを見てからKUMUへ。手前の美術館は、これは偽物?本物?って、どっちも混ぜて展示してあった。

KUMU美術館は結構駆け足で回っても3時間くらいかかった。多くのものが展示してある。お腹が空いたので、美術館のカフェでランチ食べた。

美術館の周りが公園になっていて気持ち良い。公園にも小さな博物館があって、見学してきた。

その後、一旦旧市街へ戻ってきて、Seaplane Harbour という潜水艦などの博物館へ行った。タリン旧市街の端っこから、歩いて15分くらいかな?バスとかなくて行くのが割と大変だった。潜水艦の中に入れたり、子どもが体験して遊びながら学べるような施設がたくさんあったり、楽しかった。

また15分くらい歩いて、旧市街へ戻ってきた。今日で、帰りの飛行機まで Tallinn とはお別れ。

夕食は、Estonian Modern Foods みたいに書いてあったお店に入ったら、味付けがかなり和食な感じだった。昆布だしが効いてて、わさびソースと紅生姜が添えられてた。なかなか美味しかった。

ネットで明日のバスのチケットを購入した。次は、エストニアから南へ向かって、ラトビアのRigaへ向かうことにする。バスのチケット安くて、隣の国まで4,5時間は移動するのに、1000円ちょいくらいだった。Lux Express と Simple Express というバス会社があって、この旅行中に何度も乗ったのだけれど、前者の方がちょっと高くてバスの設備も良い感じ。ただ、ちょうど良い時間にあるかとかの方が大事なので、どっちのバス会社だから、とかでは選ばなかった。旅行中に話した旅行者の中には、Lux Express じゃないと嫌だよ、とかいってた人もいたので、好みもあるのかもしれない。

Tallinn(2015年ヨーロッパ旅行)

カナダへ行った 3日目

ウィスラーを出発して、カナディアンロッキー方面へ進む。道自体があまりないのだけれども、ナビもないし電波もない。割とテキトウに進んでいたら、道が行き止まりになって、道の終点にある町についてしまった。犬の散歩している人に聞いたら、この先は行けないよって。往復1時間くらい迷っていたみたい。でも、とても静かで綺麗な湖だった。こんな町に住めたらなぁ。

DSC_0270-2

気を取り直して、目的地を目指す。途中でフェスやっていた。カナダではテント張ってるのは割と普通なことなので、この辺はキャンプするところなのかーと思ってたらステージがあった感じ。当日ではなかったようで、渋滞してなくて良かった。

この辺りから、周りは山と川と湖という感じで、とにかく気持ち良い。空気はずっと最高に綺麗だ。景色が広大すぎるのと、道が単調すぎるので、車が良さそう。バイクも気持ち良いだろうけれども、道に飽きそう。

湖とかかなりたくさんあるのに、どこでもキャンプ出来るようになってる。あと、標識として机のマークがよく出ていて、それはBBQする場所を表していることが途中で分かった。みんな机にコンロ置いてBBQしてる。どんな山奥でも。カヌーが上に積んである車も多いし、最もメジャーなアクティビティがアウトドアって言ってたけれど、こんなにキャンプ出来る場所がたくさんあるなら来たくなりそう。アウトドアに限らないけれども、混んだ場所はそれだけで気が滅入るので、場所がたくさんあって混み合わないってのは素晴らしいことだ。キャンプ場と言っても、何か気の利いた設備があるわけでもないし(トイレくらい?)、ゴミは持ち帰りしかないみたいなので、たくさん作っても運営に困ることがないんだと思う。

こっちの湖は、水がエメラルドグリーンで綺麗。日本でもこういう色の所はあるけれど、こっちではエメラルドグリーンと言ったら湖の色、って答えるくらいこういう色が一般的みたいだ。写真だとコントラストが低くて見えづらいけれど、奥の方に氷河が見える。非現実的な感じでゾクッとした。

DSC_0290-2

ひたすら山道を走る。ずっと湖沿いとかの道もあって、気持ちよい。写真を拡大すると見えるくらいだけど、湖沿いに鉄道が走ってる。多分、これはバンフ辺りまで行く高級な列車や、貨物列車が走るところ。こっちの貨物列車って、日本からするとありえないくらい長くて、1編成で2km以上あるのが普通みたい。調べたら2500m弱が一般的な長さだそうだ。並行して走ってると、どこまで行っても貨物がある感じ。歩いていても、貨物列車来たなと思ってもなかなか終わらない。法律的な制限はないみたい。でも、こんな長い貨物列車なので、おそらく山の中では複線ですれ違う区間も作れないだろうし、本数はかなり少ない。逆に、本数を少なくするために長くしているのかな?町自体も少ないからな。

DSC_0305-2

町自体が少ないといえば、ご飯を食べる場所に困る。地図を見ると、小さな街はちょこちょこあるのだけれど、モーテル + ガソリンスタンド + コンビニ + ファーストフード店 + 住宅 みたいなミニマムな街が多い。その中でも大きめな町があったらご飯やさんを探す感じ。Lillooet っていう町でギリシャ料理食べた。日本だとあまり見かけないけれど、ブリティッシュコロンビア州はギリシャ料理のレストランがかなりメジャー。レストランといえば、のんびりしていてウェイターを呼ぶことはあまりしないみたいで、基本待ってるものらしい。15分とか。料理ものんびりしてて、基本誰も急ごうとしない感じがすごい。1人で来たら待ってる間に寝そうだ。

DSC_0325-2

DSC_0320-2

ずっと山道を走って、Kamloops Lake に到着。地図で見ると川の一部っぽくも見えたけれど、やっぱり行ってみると湖だった。長さも30kmくらいあるっぽいし。しかし、水がこんなに豊富でも、全然植物が生えないものなのだね。

DSC_0337-2

Kamloops は大きい街だったから、ここに泊まってのんびり散策でもしようかとも思ったけど、まだ明るいからもう少し先まで走ってみた。

Clearwater っていう街があって、道を外れて山の方に行くと滝が幾つかあるっぽかったので、その日はそこに泊まって朝に滝へ行こうということになった。この町も本当に小さくて、モーテルとガソリンスタンドとコンビニと、レストランが3個くらい。モーテルにはプールがあって、気温は15℃くらいだったのに、ワイワイ遊んでるいかついお兄ちゃん達がいた。めっちゃ寒そう。

DSC_0350-2

夜はステーキ屋さんでステーキを食べた。

DSC_0353-2

カナダへ行った 3日目

カナダへ行った 2日目

朝は普通に起きられた。今日も雨降ってる。ホテルの近くで車を借りて、バンクーバーを離れる。初日なので移動距離は少なめにしておいて、途中寄り道して行った。こっちトロリーバスが走ってていいな。

DSC_0133-2

バンクーバーから車で20分も走らないうちに、山があって、そこでハイキングした。吊り橋揺れる。

DSC_0141-3

ハイキング終えて、近くにあったカフェでご飯食べた。カナダはどこに行ってもサーモンがあるよ。

DSC_0186-2

走ってたら途中にインパクトある建物があったので寄ってみた。ブリタニア鉱山博物館。トロッコ列車に乗って、昔の鉱山の中を見学できる。今は使われていないだけで、廃墟ではないのだけれども、古くて巨大な機械は吸い込まれるものがある。

DSC_0189-3DSC_0193-2DSC_0211-2DSC_0216-2DSC_0229-2

この日は、Whistler を目指すことにした。ウィスラーはオリンピックとかでも使われていたみたい。途中からかなり山道になってきて、滝がいくつもあった。こっちの滝は全体的に高低差がある。あと、最近出来たの?っていうような、水であんま削られていない岩から流れていたりして、新鮮な感じがした。

DSC_0238-2

この滝は、全然人がいないし、線路に踏切もないような場所だったけれども、迫力あった。

DSC_0246-2

ウィスラーに着いたのは夜だけれども、やっぱり明るい。何を食べるか迷ったけれども、ガッツリハンバーガーとか食べた。

DSC_0254-2

カナダへ行った 2日目

カナダへ行った 1日目

カナダの西の方へ行ってきた。夏の間、カナディアンロッキーが良いらしいということで、カナダにいる友達と車でブラブラすることにした。

出発予定日に飛行機が飛ばなくて、1日遅れで出発することに。バンクーバーは結構ホテル高いというのもあるのだけれども、海外旅行行くときの保険で、飛行機が飛ばなかった時の補償って付けても80円くらいだし、人生で何回遅延とかに遭遇するか分からないけれども、1回でも遭遇したら元が取れそうな気もするので、付けておいたほうがいいなと思った。1日遅れたお詫びで、エアカナダの25%オフチケットをもらったので、どこかで使わなくては。

バンクーバーには早朝に到着して、空港で友達と合流。ホテルに荷物を預けて、エッグベネディクトが美味しいお店があるということで行ってみた。そもそも、エッグベネディクト自体、人生で初めて食べたのだけれども。朝8時くらいだったのにほぼ満席で、食べている途中から列が出来るくらいの人気店だったみたいだけれども、めちゃめちゃ美味しかった。しかし、とても太りそうな料理である。

DSC_0010-3

雨が降っていたけれども、ブラブラとバンクーバーの街を散歩した。東京に比べるとだいぶ涼しい。

DSC_0041-3

中国庭園。後ろのビルと合わさって、上海辺りにいる気分に。

港には、豪華客船が停泊してた。近づいてみたら予想より遥かに大きかった。老後になったら乗ってみたい気もする。

DSC_0049-3DSC_0050-3DSC_0057-3

バンクーバーからバンクーバー島(結構離れてる)まで、プロペラ機が飛んでいるのだけれども、水面で離着陸していて、音がものすごい。かなりの頻度で飛んでた。

DSC_0061-3

晴れてきたので、街でレンタサイクルして、公園をサイクリングした。公園かなり大きくて、中走ってると林に来たみたいな感じで、とても気持ちよかった。途中トーテムポールとかもあった。

DSC_0086-3DSC_0096-2

有名らしい像。怖い。

DSC_0105-2

夕方は、かなりの種類のビールが飲めるお店に行った。もう19時くらいだったけれど、日没が22時近いのでお昼から飲んでいる気分に。お店出ても、まだ明るいからな。

DSC_0118-3

オリンピックの開会式で使われたスタジアムらしい。

DSC_0123-3

フライトの疲れと、そもそも起き続けている時間が長すぎたので、夜は一瞬で寝てしまった。

カナダへ行った 1日目